読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

my little underground

世を儚む地下生活者が珍文・奇文の類いを日々量産しています

川又堅碁は新潟へ…残念すぎる(;´д⊂)

去年、愛媛の特別指定選手として公式戦2試合に途中出場した川又堅碁の新潟入りが発表されてしまいますた…
愛媛・小松高FW川又の新潟入りが内定    J1新潟は5日、愛媛・小松高のFW川又堅碁(18)の来季加入が内定したと発表した。 (2007年11月5日21時08分 スポーツ報知)
愛媛・新潟・大分からオファーを受けてたらしいけど、結局新潟入りですか… 確かに新潟はJ1だし今年も結構いい成績だからその選択で間違いは無いと思うんだけどねぇ。愛媛サポとしてちょっぴり残念。 ちなみに彼、エルゴラ10/24号の「Grassroots Football」(高校・ユース年代等を取り上げるコーナー)にかなり大きく取り上げられていたのでちょっと長くなるけど以下に引用してみよう。
愛媛、無名校の"本格派" 20日、8強進出を懸けた高校選手権愛媛県予選2回戦。過去、全国大会出場経験のない小松のFWは今年の四国大会を制し、大会の優勝候補でもある新居浜工の執拗なディフェンスに苦しんでいた。  183㎝の恵まれた体格と、持ち前のスピードを駆使しマーカーをかわす"彼"。しかし悲しいかな、味方の正確性を欠くパスが彼に届く場面は80分間で数度しかなかった。ただ"彼"が異なっていたのは「その何本かに集中して」好機を決めるところである。前半には「球際が弱かったので、倒れない練習をしてきた」成果を、左クロスに対し敵DFを背負いながら得意の左足シュートを突き刺すことで示し、後半にも右クロスに「相手に体を預けるふりをして」瞬時にシュート体勢を作ったあと、GKの位置を見て流し込む妙技を披露。2ゴールを記録し、番狂わせを演じてみせた。  この日、高校レベルを超越したプレーを誇示した"彼"こそ、U-18日本代表候補にして、昨年はJ2愛媛の特別指定選手としてJ2リーグ戦2試合にも出場したFW川又堅碁その人である……(以下略)
いや~これ読んだだけでもちょっと燃えるでしょ?来年堅碁がトシヤとツートップを組む事を妄想していた愛媛サポは僕だけではないハズだッ! とまあこんな事を言っててもしょうがないワケで。新潟の皆さん、堅碁くんをよろしくお願いします。そして代わりに亜土夢をください(←それは無理) そしてそのころ柏ではミノルが…(;´д⊂)
柏・菅沼は全治2か月  J1柏は6日、FW菅沼が左足首付近の剥離(はくり)骨折で全治約2か月と診断されたと発表した。 (2007年11月6日20時26分 スポーツ報知)
ミノル… 無理せずにしっかり治せよぉぉ!幾多の困難を越えてきたお前なら大丈夫だッ!!