my little underground

世を儚む地下生活者が珍文・奇文の類いを日々量産しています

Belle and Sebastian JAPAN TOUR 2017@Zepp Diver Cityを観る

f:id:yukikaze_ox4:20171121155655j:plain

仕事をフルパワーで終わらせて、マッハで移動。ねんがんのベルセバを観てきた。

 

元々はベルセバって全然いいと思えなくて、80年代のネオアコ勢に比べてなんだかなあと思っていたんだけど、スチュアート・マードックが監督した映画「ゴッド・ヘルプザ・ガール」を観たら突然天啓のようにベルセバの楽しみ方が理解できたというか、評価が反転しまして。それからは大好きなバンドとしていつかライブ観たいなあと思っていたのであります。

 

ライブは観る人が観たら「ユルい」と評する類のモノかもしれないけど、アタクシ的にはハッピーなヴァイブスが横溢する最高に素晴らしい空間でございました。多人数のメンバーが楽器を取っ替え引っ替えやる姿は、なんだかそれを観るだけで楽しいものでございます。

 

そしてスチュアート・マードックが若い!真面目にトレーニングを積んでいるだろうフレッシュな姿に軽やかな動き。終始ご機嫌で名曲を歌い上げる姿に正しきポップスターを観たような思いが。隣りにいるスティービー・ジャクソンがある意味典型的な英国人男性っぽいのでスゲー良い対比に。そのスティービーもMCでは楽しくご機嫌だったんですけども。

 

途中、メンバーの一人がTeenage Funclubにも関わっているということで、突然「The Concept」の一節を披露するという全インディーファン感涙のシーンがあったりして、なんだか音楽を聴き続けてきて良かった…みたいな感慨が湧いてきてみたり。

 

そしてハイライトは「The Boy with The Arab Strap」でオーディエンスをどんどんステージに上げてみんなで踊るところ。こういう演出、定番でやってるんですなあ(恥ずかしながら知らなかったのです)メンバーのみならず、ファンも全員がなんだか心底楽しそうで個人的にはスゴくアリだなあと思った次第。最近、ステージに関するイヤな事件が色々あったりしたから今後は難しくなっていくのかもしれないけど、ネオアコ聴いているような人間なら大丈夫なような気がしなくもない(無責任)

www.youtube.com

 

名曲が多いバンドだから、また日本に来てくれたら足を運んでしまいそう。その時の為に「The Boy with The Arab Strap」のリコーダーのソロパートを練習しておこうと思います(え?!)

f:id:yukikaze_ox4:20171121162318j:plain

 

今週気づいたこと。(11/6~11/12)

忙しい日々に心が荒みかけているおじさんの日常。

続きを読む

今週気づいたこと。(10/30~11/5)

引き続き気力が尽きかけているおじさんの日常。

続きを読む

今週気づいたこと。(10/23~10/29)

なんだか疲れ果てて気力を失いかけていたおじさんの日常。

続きを読む

今週気づいたこと。(10/16~10/22)

意外と休んでばっかりのおじさんの日常。

続きを読む

At The Drive In JAPAN TOUR 2017@Zepp Tokyo を観る

f:id:yukikaze_ox4:20171022233759j:plain

17年ぶりの新作「IN.TER.A.LI.A」が思いのほか素晴らしい出来だったので、ライブも観たくなって行って来た。

 

IN.TER A.LI.A

IN.TER A.LI.A

 

 

事前にvoのセドリックのルックスの変化についてはチェック済みだったので、その点に関する違和感は無し。ただ実際の姿を目の当たりにすると、髪型と髭と体重のコンボで麻薬カルテルの大物…みたいに見えるのはアタクシだけではあるまい。でもその姿でステージを縦横無尽に動き回る姿はカッコイイの一言。特に名盤「Relationship of Command」の一曲目を飾る名曲「Arcarsenal」のイントロのシャカシャカ(←そう、アレですよ)を奏でる姿には、不覚にも時を越えた感動を感じてしまった。

 


At The Drive In - Arcarsenal (2017) Terminal 5

Relationship of Command

Relationship of Command

 

 

対してgのオマーの「大丈夫?ちゃんと食べてるの?」とアタクシの中のおばちゃんが心配になるくらいの身体の線の細さには色々とビビる。でもプレイはとにかく最高。時折見せるフリップ師とかブリューっぽいフレーズにグッとくる。このハードコアなサウンドの中にあって、特異なフレーズを忍ばせてくる匠の技にはシャッポを脱がざるを得ない。

 

もうとにかくロックバンドとしてのカッコよさが凝縮されたようなステージ。メンバー全員の立ち姿というか、佇まいそのものが絵になり過ぎるというか、もうイチイチカッコいいのです。ちょっとズルいレベル。

 

久しぶりにダイブやらクラウドサーフがひっきりなしに起こるライブを観たけれど、やはりこういうライブはいいものだ、なんて改めて思ってみたり。来て良かった。

 

アット・ザ・ドライヴ・イン @ Zepp Tokyo2017.09.21 洋楽ライブレポート|音楽情報サイトrockinon.com(ロッキング・オン ドットコム)

 

 

今週気づいたこと。(10/9~10/15)

秋の長雨に心が折れかけているおじさんの日常。

続きを読む