読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

my little underground

世を儚む地下生活者が珍文・奇文の類いを日々量産しています

河鍋暁斎記念美術館へ行ってみた

美術館

f:id:yukikaze_ox4:20170220222936j:image

最近、美術館へ通ってみたり関連書籍を乱読してみたりと色々やってるアタクシですが、興味の範囲が広がって結構楽しいもんなのですよコレが。そんなこんなで今回は河鍋暁斎記念美術館へ行ってみたのであります。

 

暁斎については国芳門下で狩野派、明治までご存命だった絵師…くらいの知識。作品は本やらwebで目にした程度。でもその奇想テイストな作品群には国芳好きとしてはそそられるワケで(門下なんだから当たり前だ)

 

記念美術館は西川口の駅を降りて歩くこと約20分。ホントに普通の住宅街の一角に存在しておりました。お隣のお宅の表札に「河鍋」姓のお名前を発見、歴史の地続き感を感じて軽く興奮する。館は一般のお宅を開放している感じなので、小じんまりとしていて展示もじっくり観ても1時間でお釣りが来ると思う。アタクシは平日の午後に訪問したので、ほぼ独占状態でじっくり堪能させて頂きました。うひょ。

 

で、作品を観ていて何か既視感があるなあと思って記憶を辿っていると、コレって最近の桜玉吉を思わせるトコがあるんですわ。技術的なところはよく分からないのでその辺りはひとまず置いておくとして、墨の線の具合とかスットボケた感じの表情とかにスゴく桜玉吉感を感じた…んだけど、こんなこと言ってるのは多分アタクシだけなので忘れてください。スッと。

 

常設の展示はなくて、2ヶ月毎にテーマに合った作品を入れ替えているそうなので、何かの折にまた訪れてみようと思います。今月末からはBunkamuraミュージアム暁斎の作品展もあるし、そっちもスゲー楽しみだ!

 

www.bunkamura.co.jp

 

あと、館にあったチラシで知った雪村展@藝大美術館。コレも気になる!多分行きまっせ~

sesson2017.jp

Jesus and Mary Chainの新曲がいい湯加減なのだ

音楽

amass.jp

確かに過去の名曲に匹敵する出来かと問われたなら「いや…そこまでは…」と答えるしか無い。しかないんだが、2017年にジザメリの新曲が聴けるという事実をまずは素直に喜ぼうではないか同志諸君。

 

考えてもみたまえ。初期のライブでは必ず客が暴動を起こし「Sex Pistols以来の衝撃」などという天をも貫かんばかりの大上段に構えた宣伝コピーで売り出されていたバンドが(後に暴動の原因が「ライブ時間が短くて客が怒っていただけ」という身も蓋もない理由であったことがメンバー自らのタレコミにより発覚)、オリジナルメンバーのリード兄弟がちゃんと揃って曲を書いてレコーディングをし、あまつさえライブの予定まであるらしいという事実。確かにその背景には「ソロ活動が上手く行かなかった」とか「音楽ビジネスの成熟の結果」とか色々あるんでしょう。でもとにかくそういう諸々はもういいじゃないか。期待を裏切らない、ジザメリ節としか表現のしようがない「Always Sad」を聴けば、たちまち「あ~こういうのやっぱイイわ~」とIQがグングン下がった末の感想しか出てこなくなるこの快楽。最高じゃないか。これ以上何を望むというのかね?

 

NEWアルバム「Damage & Joy」は3月予定とのこと。春までは死ねないぞ同志諸君!

 


The Jesus And Mary Chain - Always Sad (official video)

 

Damage & Joy

Damage & Joy

 

 

『Happy Birthday TWEEDEES Vol.2 (Day 2)』@高円寺Highを観る

音楽

f:id:yukikaze_ox4:20170219230820j:plain

去年の夏以来のTWEEDEESのライブ。楽しみすぎて1時間近く早めに現地入り。物販を軽くチェックしてから一人飲みでテンションを上げる。高円寺は飲むトコたくさんあって捗りますなあ。

 

まあ色々ありつつライブ本編。シークレットゲストはひとりイックバルさんでした。バレバレだったらしいけどアタクシ全然気づかず(笑)おかげでお得感がヤバい。名前しか知らなかったイックバル、楽曲どれもスゲーイイじゃないですか。そりゃ話題になる筈ですわい。早速帰路にAppleMusicでチェックしたけど、それはまた後の話。

 


ikkubaru - amusement park (official MV)

 

そして本編のTWEEDEES。2名+dr+keyのミニマム4人体制。ギターレス。どうなるかと思ったら意外と違和感無し。「Boop Boop Bee Doop!」の印象的なギターカッティングも沖井さんがベースで演っててちょっとビビる。今後もこの体制でライブをやるとのこと。全然アリですよ!

 

今日は遠くイングランドから取り寄せたという紺と黄のレジメンタルタイも鮮やかな全員ジャケット着用というドレスコード。清浦さんはこの日も大変お美しゅうございました。

www.instagram.com

 清浦さん、前回観た時よりもvoの安定感が段違いに良かった。「男子三日会わざれば刮目して見よ」とはこのことでございますな。(注:清浦さんは女性です)

 

沖井さん、この日はいつものリッケンではなくプレベ(だったような…)を弾いて弾いて弾き倒しておりました。相変わらずめっちゃカッコいい。そしていつもの纏まらないMCとそこに冷静なツッコミを入れる清浦さん。嗚呼、この関係性たまらんっす。そしてドラムのGENちゃん。プレイ中のニコニコ顔がホントいいんですよねえ。

 

途中、イックバル参加のコーナーで「Philip」完全版披露キマシタワー。まさにこの日以外では観られないサウンド。いやあ最高です。そしてまさかのSugar Babe「Down Town」のカバーまで聴けてアタクシ大満足。やっぱ時を超える名曲ですなあ。他にもイックバルの曲がバンドサウンドで聴けて、これも良かった。4人揃ったイックバルのライブも観たくなっちゃった。新曲もかなりプレイしたし、まだ言っちゃいけないらしいがレコーディングも終わったらしいし、おじさん期待してますわよ。

 

www.youtube.com

 

本当に素晴らしいライブだったけど、一つ残念だったのは初日には演ったらしい「祝福の鉄橋」が聴けなかったこと。沖井さんの科学礼賛シリーズ(アタクシが勝手に命名。ようするに「速度と力」とか「電離層の彼方へ」とかその辺の曲です)は全て名曲だと思うのでやはり聴きたかった!でも初日はLITEのワンマンと被ってたからしょうがない。無念。

 

今回、恒例の新曲のお披露目がなかったのは何らかの政治的な理由があるらしい。ポジティブな理由っぽいので吉報を待ちつつ、次のレコ発ライブも行きたいなあ…等ボンヤリ考える帰路なのでありました。

 

Day1の記事だけど参考までに。この日も観たかったなあ。 

natalie.mu

 

追記:Day2のレポがReal Soundにアップされましたわよー

realsound.jp

The Second Time Around【通常盤(CD)】

The Second Time Around【通常盤(CD)】

 

 

 

 

 

 

 

Negiccoが「Mr.BOOGIEMAN」を歌った…だと?!

Negicco

なん…だと…?

 

マジかーーーー!

 

はわーーーー

www.instagram.com

うひょーーーー

www.instagram.com

うはーーーーー

 

一旦落ち着きます。 

 

行こうと思ってたんだよなあ「弓木流 vol.2」でもさあ、チケット取れなかったんだよぉぉぉ(泣)

www.cinra.net

しかも「Mr.BOOGIEMAN」を弓木さんとNegiccoが歌うなんて…十分考えられるシチュエーションだよなあ。嗚呼、返す返すも行けなくてマジ残念。とほー

 

でもですよ、引用したTweetによると現場に小出さんと高樹氏がいたのは事実らしい。ということは、だ。次回のNegiccoの作品に楽曲提供待ったなしやでコレは!!!是非ともよろしくお願い致しまする~

 

追記:Real Soundにライブレポがアップされとりました。返す返すも観たかった…(;´д`)

realsound.jp

 

渋谷らくご 2/10 20:00公演@ユーロライブを観る

落語

渋谷らくごの20:00の回は多少仕事が忙しくても充分間に合うから気が楽だ。この時間設定にしたサンキュータツオさんには感謝しか無い。

 

この日は仕事がサクッと終わったので19:00前に渋谷到着。夕飯に「蕎麦ちばから」で鶏つけそば大盛りを頂く。相変わらず美味い。ちばから→しぶらくが最近の定番コース。夜だとお酒も出してるから次回は飲んじゃおうかしら。

 

sobadb.supleks.jp

 

夕飯食ってもまだ時間があったので東急ハンズへ。測量野帳を2冊購入。タマフル聴いて気になったジュースアップを試し書きしたかったんだけど、何故か見つからず。何処にあったのかな?

www.pilot.co.jp

 

で、渋谷らくご。

 

・桂三木男

定型っぽいまくらはあんまり好みではないのでちょっと構えたけど、噺はスルスルと入ってきた。特に中盤からグイグイ乗ってくるところが素晴らしい。

 

玉川奈々福

曲師は沢村美舟さん。大変お綺麗です。安定の面白さ。浪曲は言うなればルイ・マル死刑台のエレベーター」とマイルス・デイヴィスの関係というか、ジム・ジャームッシュ「デッドマン」とニール・ヤングの関係と考えればスルッと飲み込めますな。

 

・立川吉笑

やはりまくらは内閣関係だったか!続きは独演会で、とのこと。気になるじゃないか!噺は「くじ悲喜」初めて聴いた。まあ最高ですね。どうしてこういう噺を思いつくのか、創作のプロセスが知りたい。

 

隅田川馬石

まくらもそこそこにスッと噺へ。冒頭の車屋と酔っぱらいの会話というか目線のやり取りだけで既に面白い。どうしてこういう空気感を光の速さで目の前に現出せしめるのか。素晴らしい芸であります。来週の独演会も行きたいなあ。

 

20:00の回は翌日の仕事に響くけど、それ以上に得るところ大なのでありますよ。今後も行かねばなるまいて。

 

 

 

LITE "Cubic" TOUR2017 @渋谷WWW Xを観る

音楽

f:id:yukikaze_ox4:20170219213137j:plain

好きなんですよ LITE。Math Rock勢の中では最もPOPさと変態テクニカル大会のバランスがイイと思うのです。「Bond」なんてマスロック史に残る名曲なんじゃないかなあ。

 

LITE / Bond

 

そんなバンドですから当然ライブを観たかったワケなんだけど、随分前にthe band apartとのツーマンを一度観たきり。その後になかなかワンマンの機会がなくて地団駄踏んでたところにようやくCubicのツアーで念願が叶ったという次第。

 

ライブは相変わらずメンバー全員がニコニコしながら超絶技巧を易易とキメていくという流れ。ダイナミックな主題の絵画というかタペストリーのようなものを細かく細かく、尚且つ光速で構築していく様を観る快感とでも言いますか(←分かりにくい例え)あまり他のバンドでは味わえないヴァイブスがホント素晴らしい。

 

「D」ではゲストにタブゾンビ氏登場。SlayerのニットキャップにBlack SabbathのTシャツ(「Master of Reality」のジャケのヤツ)着用という大凡ジャズメンとは言い難いルックスのトランペッターが自在に空気を切り裂いていく姿は幕末の人斬りのソレとほぼ同一(多分) いや~マジヤバかったっす。

 

www.youtube.com

 

「ZERO」では根本潤氏が登場。何故かMCを直接話さずに、武田氏に耳打ちして代弁してもらうというMALICE MIZERのMana様スタイルを貫いておりました(笑)そしてパフォーマンスは中々の異形っぷり。突然の80年代New Wave登場感に満ち満ちており完全に空気を持っていくムーブには完全にヤラれてしまいました。氏のバンドも観てみたくなるなあ。

 

超絶技巧が繰り出された後は何ともホンワカとしたMCが挟まるというのもこのバンドの大きな魅力な気がしちゃう。アタクシ、こういうトコも好きなのよねえ。

 

ツアーはまだ続くのであまりネタバレはしないほうが良さそうだけど、観た人はライブの余韻に浸りたいだろうから、セトリの写真をアップしつつ唐突にこの記事は幕を閉じるのでありました。おしまい。

f:id:yukikaze_ox4:20170219213324j:plain

 

 

CUBIC

CUBIC

 

 

 

NODA・MAP『足跡姫 ~時代錯誤冬幽霊~』@東京芸術劇場を観る

演劇

f:id:yukikaze_ox4:20170206000528j:plain

確かに以前一度、NODA・MAPのお芝居を観たことがあるはずなんだよなあ…。でも作品名がとんと思い出せない。当時勤めてた会社の先輩が突然行けなくなったとかでチケット譲ってくれて、前情報も何もなく観に行ったらとんでもなく面白くて大感動したんだよなあ。嗚呼、これが老いというものなのだろうか。

 

www.nodamap.com

 

そんなこんなで東京芸術劇場へ行ってきました。席が花道のすぐ前で、上演中に目の前を役者さん達が通りまくるという中々の臨場感。宮沢りえさん、素敵ですなあ。

 

それはさておき、とんでもなく情報量が多くアタクシのすっかり衰えたオツムでは理解が進まないものの、お芝居を観ている間中のアタクシの頭の中には、役者という人たちには舞台の上で生きることのもどかしさみたいなモノがあるのだろうか、もしかしたら演劇をナリワイにしている人たちは演じた次の瞬間には込めた思いが蒸発して消えていって形には何も残っていない…というようなある種の諦念を抱えているのだろうか…なんてことを考えてみたりする。

 

確かに、以前見たお芝居のタイトルすら思い出せないお馬鹿さんのアタクシではございますが、何故かその日の客席の様子とか、受けた衝撃の強さみたいなものはこの歳になっても心に強く残っているワケで。だから「アンタたちマジすげーって!アタクシの心に足跡ガッツリ残ってるって!」と大声で伝えたい気分になるのであります。

 

そしてラスト、妻夫木聡演じるサルワカによるセリフ。ストレートと言えばあまりにもストレートな、胸元への豪速球の如き死んだ友人へのメッセージには本当に胸を打たれてしまった。その思いこそが足跡なんだろうし、それを受け取ってしまったアタクシにも足跡は確かに残っている。それって本当に素敵なことだよなあ…なんてことを思いつつ劇場を後にしたのでありました。