読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

my little underground

世を儚む地下生活者が珍文・奇文の類いを日々量産しています

『くるりの20回転』リリース記念ツアー「チミの名は。」@Zepp DiverCity Tokyo を観る

f:id:yukikaze_ox4:20170420001757j:plain

前にもちょっと書いたけど、デビュー当時から好きなんです。くるり。でも今までライブは観たことがなかったのです。それが20周年記念のツアーで初めて観ることになろうとは。そりゃアタクシだって立派なおじさんになるワケだ。(社会的にはちっとも立派じゃないのが悲しい)

 

1曲め「ワンダーフォーゲル」でいきなり持っていかれるアタクシ。加えてドラムがもっくん。スゲーニコニコしながらドラムを叩いてる姿を見てなんだかいきなり泣きそうになる。嗚呼もうダメだ。でもしょうがないじゃない、おじさんですもの。そこからは名曲の乱れ打ち。途中、ギターとドラムが頻繁に入れ替わる。(それが「君の名は」もとい「チミの名は。」ってことらしい。分かりにくい)各々のプレーヤーの個性もハッキリ分かれているので、その辺のも含めてライブの楽しさに溢れた良い構成。ライブを観ながら途中で一時期あまり熱心にくるりを追いかけていなかったことについてちょっと申し訳無さを感じさせるくらい素晴らしい内容でございました。

 

スーパーカーNumber Girlもシーンから居なくなって随分経つけれど、その間も大地にすっくと立ち続けて名曲を生み出し続けていたくるり。なんかすいません。そして本当にありがとう。なんかそんな気分に。

 

本篇ラストが「虹」、そしてアンコールの弾き語りで「春風」。なんだかこの曲がリリースされた頃の自分の状況が色々と脳裏に蘇ってきて、ちょっとだけ泣く。でもしょうがないじゃない、おじさんですもの。

 

MCで来るべきニューアルバムのことが語られていたけれど、そりゃあもう大いに期待させて頂く所存。みんな、アルバムの「流れ」というか「物語」みたいなものに身を任せることを嫌いになってなんか無いよ!岸田くん!だから思う存分やっちゃってちょうだいよ!!!